フリーDAW-Pro Tools First編 その1

DTMを全くやったことがない人のためのDTMレッスン Pro Tools 編

AVID社Pro Toolsのフリー版です。
Pro Toolsはレコーディングスタジオの定番ソフトですね。
今はNuendoに乗り換えていますが、仕事現場であったり、その他の都合でいまだにPro Toolsを使うことがあるので、操作は簡単に思えてしまいました。

【インストール】
AVID社のページに行き、左の一覧からPro Toolsを選びます。
次の画面左上にPro Tools Firstという項目がありクリック
下の方にスクロールしていくと、「今すぐ無料で入手」とあります
クリックするとアカウントを作るページに移りますので、アカウントを作りましょう
IDやパスワードは忘れないようにしておきましょう。
ログイン画面からPro Tools Firstをダウンロードしましょう
MAC用、Windows用がありますので、必要な方を選んでください。
ダウンロードが終わったらインストールし、起動してみましょう
初回起動時、アカウントへのログインが求められることがあります。
タイトルをつけてセッションを作ります。

【トラックの作成】
セッション作成時にテンプレートを選ばない限り、何もない状態から始まります。
上のメニューのTrack(トラック)→New(新規)を選びます
どんなトラックを作るか選んで行きますが、
Audio Track(オーディオトラック)・・・録音する時、録音されたものなど音素材
Instrument Track(インストゥルメントトラック)・・・楽器打ち込み用
MIDI Track(ミディトラック)・・・打ち込みデータのみ※これだけでは音が出ません
AUX Track(オグジュアリートラック)・・・様々な用途に使えます。詳しくは後ほど
Master Track(マスタートラック)・・・音の最後の通り道を管理します

今回は楽器を打ち込みたいのでInstrument Trackを作ります。
鍵盤が横になった画面(ピアノロール)が出てきました

【打ち込み】
Instrument Trackを作るとInsert(インサート)という欄があります
ここをクリックするといくつか項目が出てくるので
multichannel plug-in→Instrument→音源(今期はXpand!2)
音色を選びます(ピアノ専用、ドラム専用などもあります)
音を選び終わったらいよいよ打ち込みです
上部にあるツールから鉛筆マークのツールを選びます。
鉛筆ツールでピアノロール画面をクリックすると入力できる状態になります

あとはこの繰り返しで楽器を増やしていきましょう

【ミックス】
いろんな楽器を足して行くと各楽器の音量バランスが気になってきたり、うるさくなってきたりします。
今回はとりあえず音量のバランスをとってみましょう。
上部のメニューからWindow(ウィンドウ)→Mix(ミックス)
別のページが出てきましたね?
フェーダーという音量を調整するつまみが出てきますので、
上下させて音量を整えましょう。

【Pro Tools First】
・打ち込み とくに問題なく
・音源も付いてくる(Xpand!2)
・スタジオでよく使われている(将来仕事にするなら知っといて損はない)
・データ保存が3つ?まで(外付けのHDDに保存できるのか・・・)
・録音はオーディオインターフェイスが必要(ノートPCの内蔵マイクでは録音できませんでした)

レコーディングや波形編集は実際Pro Toolsの方がいいなと思うところもあり、良いソフトだと思います。制作はNuendo/Cubaseの方が楽な部分多い気がしますが、これも慣れですね。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。