ヴォーカルレコーディング

レコーディングセミナー

 DTM・作曲レッスンの講師をしているギザミュージックスクールにてボーカルレコーディングを行います!
 一人ワンコーラスを3回程度歌うという、レコーディング体験に近い内容となってます。
 3回録音した歌の良い部分をつなぎ合わせていく事で完成度が上がるのを実感して欲しいなと思います。というよりは3回歌ってこんなに毎回変わるのかとか、たったワンコーラスでも良いパフォーマンスを持続させる事が難しい事を体験して欲しいです。
 ライブで2時間パフォーマンスし続けるプロがいかに凄いのか。おそらく集中力の差であったり、練習量の差であったり体力作りであったり様々でしょうが、自身の経験をもって色々感じて欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Related Post

マスターレコーダーマスターレコーダー

TASCAM DA-3000導入しましたDAWで書き出し(バウンス)すると少なからず使用するDAW特有の音質変化が起きるということで、出ている音をそのまま録音しちゃおうということです。マスターレコーダーでの録音自体も全く […]

DTM入門-スケール(音階)-DTM入門-スケール(音階)-

スケール(音階) メロディを作る上で大事な要素の一つそれがスケール(音階)ですこのスケールというのは色々種類がありますが、まずはメジャースケール(長音階)の紹介です単純な話、聞き馴染みのある ドレミファソラシ(ド)です。 […]